北京留学あれこれ日記

旅好き女子が中国に留学してみた話と帰国後のこと。

中国生活に慣れてしまって、日本に帰るのが怖いです。

こんにちは、ハルカです。

 

留学も残り3ヶ月を切りました。そろそろ日本に帰る飛行機を予約しなきゃな〜と考えています。

 

中国での生活に慣れてしまい(染まってしまい?)、日本での生活が不安です…。

 

 

 

食事のマナー

f:id:chunhua1223:20180415005823j:image

机は汚してOK

机は汚してOKなので、骨や卵の殻などをトレイの上はもちろん、机に直接置いたりします。

 

最初見たときはドン引きでしたが、慣れてしまいました。怖ろしい。

 

友達曰く、「片付ける人がいるから大丈夫」だそうです。

 

ちなみに家でも同じです。さすがに家なら自分で片付けるんだし、最初から汚さない方が楽なのでは?と思ってしまいます。

 

 

お茶碗を持たない

日本でごはんを食べるときは、お茶碗を持ちますよね。

 

中国では持ちません。

利き手でない方の手は机の下でもオッケーです。

 

ちなみに、韓国ではごはんは鉄製の器なので持つのは熱いし、持つのは無作法だそう。

 

 

残してOK

中国の料理は基本的に量が多いです。

残してもOK、というより残さざるを得ない状況。

 

最初は残すことに対する罪悪感から、頑張って食べていました。しかし、身体に良くないし太るし、残すのが普通という文化なので、私も残すようになりました。

 

仕方がない事ですが、以前よりは罪悪感なく食べ物を残せるようになってしまいました…。

 

 

 

 

赤信号でも道を渡る

f:id:chunhua1223:20180415002904j:image

赤信号でも、周りを確認しながら渡ってしまいます。

 

もはや車が来ていないのに渡らない意味が分からなくなりました。

日本では律儀に待つ人が多いですね。

 

距離の割に信号の時間が短いので赤でも渡った方が良いというのもあります。

 

 

また、日本より人と車との距離が近く、「危ない!」と感じる距離が日本の感覚と違います。

日本なら数メートル前で止まるところを、人の1メートル前でやっと車が止まります。

 

最初は道を渡るのに慣れませんでしたが、すっかり平気になりました。

 

 

 

地下鉄やバスで電話してもいい

f:id:chunhua1223:20180415002812j:image

日本人では、公共交通機関で電話するのはマナー違反ですよね。

 

中国では、電話しても友達と話しても大丈夫です。

(電話しても問題ないですが、大体はスマホを見ているので皆んながうるさく話している訳ではありません。)

 

地下鉄はなぜか風が吹き抜けて大きな音がしているので、そのせいで話し声が気にならないのもあるかもしれません。

向かいの席に座ったら会話できないほど大きな音がします。

 

 

日本に帰ったら、電車内が静かすぎて落ち着かなそうです。

 

 

 

すっぴんメガネ

f:id:chunhua1223:20180415002533j:image

中国女子は、普段化粧をしない人も多いです。

完全なすっぴんも多いし、眉毛だけ書くなどノーメイクに近い人がたくさん。

(もちろんしている人もいます)

 

あと、男性女性とも圧倒的メガネ率

10人いたら8人メガネだと思う。

(最近の日本ではあまり見かけない、一昔前の丸メガネみたいなメガネの人も多いです。これは韓国人もかも。)

 

こんな環境にいると、「すっぴんメガネで良くない?」と思ってしまい、最近はほぼノーメイクです。

最近は毎日授業と自習室に行くだけなので、もはやメイクをする意味がわからなくなりました(笑)

 

 

学期の初めは頑張って化粧していたのですが、一度やめるともうダメです(笑)

お肌のためと言い聞かせて(言い訳して)います。

 

もともと低い女子力の低下が著しい…(汗)

 

 

 

アプリ支払い

f:id:chunhua1223:20180407175052j:image

本当に便利で、日本に帰ってから現金生活に戻るのが考えられない!

 

割り勘もその場でなくても一瞬でできるので、とても重宝しています。

 

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

 

 

気軽にタクシーに乗る

f:id:chunhua1223:20180407175056j:image

日本より交通費が安く、タクシーも安いです。

日本でタクシーはほぼ乗ったことがないですが、中国では複数人いれば割り勘で乗ってしまいます。

 

 

滴滴出行というアプリでタクシー呼ぶことも多いです。一般の人が運転手をしている、Uberに近いサービスです。

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

 

徒歩5分で登校

中国では、学生は大学内の寮に住むのが普通です。北京出身の友達も寮に住んでいます。

 

私たち留学生も寮に住んでいて、教室まで徒歩5分!

他の大学に比べて小さい大学なので、寮・教室・食堂・スーパーなど全て徒歩5分圏内にあります。

 

日本に帰って復学したら、片道1時間半かけて大学に通うと思うと気が重いです…。

 

 

計画?なにそれ。

f:id:chunhua1223:20180415003155j:image

例えば、中国では複数人で集まる時、時間や場所など具体的な計画は立てません。

 

簡単な約束はしますが、突然変更になったり、予定そのものが無くなったりします。逆に当日突然招集がかかることも。

 

ドタキャン、ドタ参加も普通にあります。

ダブルブッキング(3つ以上のことも)して、当日気が向いた方に行くなんて人もいるくらいです。

それに対して周りも怒ることなく、「そっか〜おっけー」って感じ。

 

最初は何でちゃんと決めないの?なんで来ないの!?と思いましたが、これにも慣れてしまいました。

(人により程度は異なります)

 

今では私も、かなり気まぐれに予定を変えることが多くなりました。

 

分単位でスケジュールを組んでいた日本の生活が考えられない。

 

 

 

まとめ

良くも悪くも、中国生活に染まってしまいました。慣れとは恐ろしいものです。

 

日本に帰ったらどうなるのでしょう?

 

帰国したら、食事のマナーなどは特に気をつけなければですね。🙄