北京留学あれこれ日記

旅好き女子が中国に留学してみた話と帰国後のこと。

中国でサイゼリヤに行ってみた。

こんにちは、ハルカです。

 

中国生活で中華料理に飽きたら、都会であれば日本のお店もたくさんあります。

北京にはあのサイゼリヤもありました。

 

 

行ってみた

f:id:chunhua1223:20190223103309j:image

店構えはこんな感じ。ショッピングモールの中にありました。北京には何店舗かあるようです。

中国語では音で当てて萨莉亚と言うんですね。

 


f:id:chunhua1223:20190223103315j:image

日本と全く同じ店内。

早い時間に行ったので空いていましたが、お昼時になると満席で待っている人もたくさんいました。

 

 

 

メニュー

f:id:chunhua1223:20190223103555j:image

日本と同じメニューも多いですが、中国ならではのものもありました。

麻辣肉酱面とかあります。

 


f:id:chunhua1223:20190223103320j:image

セットのスープも日本と違う気がする…(?)

 

値段は日本より更に安い!上のパスタで300円しません。中国の吉野家やその他日本のチェーン店はだいぶ高いのに何故だ…。

 


f:id:chunhua1223:20190223103252j:image

デザートメニューはこんな感じ。

日本より種類が豊富かも?

安いのでデザートだけ食べに行くのもあり。

 

 

 

オーダー
f:id:chunhua1223:20190223103301j:image

注文は中国式でした。自分でチェックします。

火鍋などでよくあるオーダー方式。

 

 

 

食べる
f:id:chunhua1223:20190223103305j:image

日本のごはんが食べたかったので、中国メニューは頼まずカルボナーラを注文。

日本のサイゼリヤと同じ味だ…感動。

 


f:id:chunhua1223:20190223103257j:image

きのこスープも注文。これも日本の味でした。

 

 

 

まとめ

他にも日本のチェーン店だと吉野家、味千ラーメン、しゃぶしゃぶ温野菜、牛角などありました。(北京)

 

たまには日本のお店で食べるのもいいかもしれません。

 

【中国留学体験談】平日の1日の流れ

こんにちは、ハルカです。

 

2017年9月〜2018年7月まで、北京第二外国語学院に留学していました。

留学中の生活リズムを紹介します。

 

 

私の留学スタイル

f:id:chunhua1223:20190219212044j:image

大学の中の留学生のみで構成される語学クラスにいました。交換留学で来ていた日本人の中には単位取得のため学部の授業にもいくつか参加している人もいましたが、私は必要がなかったので行っていません。

 

基本的に授業は平日の午前中のみ。午後はクラスによりますが、私はほとんど無かったです。

私は受けませんでしたが、午後は追加でHSKの講座を取っていた人もいました。

(半期で600元くらい?だった気がする。高かったので自力で勉強することにしました。)

 

 

 

生活リズム

平日の生活リズムの例をご紹介します。

7:15 起床

朝8時から授業でした。学内の寮に住んでいて、寮・教室・食堂が徒歩5分圏内という素晴らしい環境!

(小さい大学だったというのもあります。清華大学など広大な敷地の大学は、学内の移動にバスや自転車を使うほどです。)

 

最初は6時くらいに起きていましたが、だんだんメイクや服装に気を遣わなくなり、すっぴんメガネにトレーナーで授業へ行くように…。

 

着替えて、顔洗って、歯を磨くだけなのでギリギリまで寝ていました。

 

 

7:30 朝食

朝食は基本的に学食で食べていました。肉まんや油条という揚げパンのようなもの、目玉焼き、ちまき、など。

 

↓ある日の朝食

f:id:chunhua1223:20190219212205j:image

これで5元(約100円)くらい。リッチな方です。

朝はだいたい3元で済ませていました。安くて美味くてお腹いっぱい!

 

中国人はみんなおかずと一緒にお粥を食べていましたが、味のない感じが好きではなくあまり食べませんでした。あと中国人はよく豆乳も飲んでいました。

 

油っぽいものが多いので、たまに売店で果肉入りヨーグルトやバナナなどのフルーツを買って食べることもありました。こちらの方が学食より割高なので基本は肉まん。

 

 

8:00〜11:25 授業

f:id:chunhua1223:20190219212615j:image

授業は日本の大学と同じで90分一コマ

でも45分のところで5分間の休憩がありました。これがあると結構集中できて良い。

 

授業はこんな感じ。

・閲読

・リスニング(前期のみ)

・ライティング

・視聴覚(前期のみ)

・スピーキング

 

↓授業について

www.china-arekore.com

www.china-arekore.com

 

 

 

11:30〜 昼食

f:id:chunhua1223:20190219212718j:image

友達と一緒に授業後そのまま食堂へ直行。

食堂は何箇所かあり、メニューも豊富!毎日食べるのが楽しみでした。

 

私は麺料理を食べることが多かったです。

たまに学校の外のお店に行ったりもしました。

 

↓学食のごはんを紹介しています

www.china-arekore.com

 

 

12:30 洗濯

ご飯の後は部屋に戻って休憩。数日に1回このタイミングで洗濯をします。早く寮に戻らないと洗濯機が使用中だと洗濯できないので、洗いたい日は早めに戻ります。

 

洗濯に45分ほどかかるので、部屋でのんびり休憩しながら待ちます。洗濯がない日は昼寝したり。

 

ちなみに外には干す場所がなく、部屋干しでした。寮で唯一の不満点。

 

↓寮はこんな感じでした

www.china-arekore.com

 

 

 

13:30 自習

午後は完全にフリーです。何をするのも自由。

基本的には自習室へ。

 

友達と約束した日は遊びに出かけたりもしましたが、後期は行く場所もなくなり、「お金を使わない時間の使い方=勉強」ということで自習室にこもっていました。

 

自習室は冷暖房があって快適なので、勉強以外にも本読んだり動画観たりもしていました。

 

テスト期間になると自習室は席の確保が必要なほど皆んな勉強していました。夜22時まで空いていて、遅くまで勉強している人がたくさん。

 

 

16:00 買い物

買い物は基本的に学内の売店か門を出たところにあるスーパーに行っていました。

学内でも日用品からフルーツまで何でもそろいます。試験期間中は1週間くらい学校の敷地から出ずに生活していました。

 

 

17:30 夕食

夕食ももちろん学食。

 

 

19:00 自習

夜も自習室に行ったり、行かなかったり(笑)

後期はけっこう行っていたと思います。部屋に帰るとルームメイトがいて勉強しづらいし。

 

↓こんな感じで勉強していました

www.china-arekore.com

www.china-arekore.com

 

 

 

22:00 シャワー

ルームメイトがシャワーは昼に浴びる人だったので、時間の譲り合いをしなくてよかったのは楽でした。

 

ルームメイトは、多少生活リズムがズレている人の方がいいかもしれません。変な時間に帰ってきたり起こされたりするのは困るけど。

 

 

24:00 就寝

日付が変わるくらいには寝ることが多かったです。

 

 

まとめ

留学生活は自分次第です。

私の場合、午後は授業がなく完全にフリーだったので、留学後半は特に時間の使い方を考えました。

 

意外と地味な生活ですよね。

そうなんです、慣れれば慣れるほど日常は地味でした(私の場合)。

 

もちろん色んな人がいて留学のかたちも様々。

これは私の例に過ぎませんが、留学生活のイメージができたら幸いです^ ^

 

↓学校はこんなところでした

www.china-arekore.com

 

南京の友達と東京で再会!大学院合格おめでとう!

こんにちは、ハルカです。

 

先日、就活で東京へ行きました。

f:id:chunhua1223:20190218232140j:image

 

 

1年ぶりの再会

就活の合間に友達に会いに行きました。

南京出身の友達です。

f:id:chunhua1223:20190218232147j:image

 

去年の春節は南京の彼女の実家にお邪魔したので、ちょうど1年ぶりの再会。ご両親にも良くしてもらい、今回私たちが東京で再会することを伝えると喜んでくれました。

 

⬇️南京で過ごした春節の様子はこちら

www.china-arekore.com

www.china-arekore.com

 

 

 

彼女は大学を卒業して南京で仕事をしていたのですが、年末に東京の大学院を受験すると連絡がありました。

受験のための滞在で東京に部屋を借りるため、私の名前と電話番号を貸しました。学生ビザ無しで滞在するのに必要だったそう。

 

今回私が東京に行くと連絡したちょうどその日、大学院の合格通知が来たそうです!おめでとう!!㊗️

これであと2年は日本にいるからすぐ会えるね❤️

 

 

 

毎年違う場所で

私たちの出会いは3年前。友達に誘われて行った国際交流イベントで知り合いました。

 

当時彼女は私の友達の大学に留学していて、そのイベントに参加していました。

私が少し中国語を勉強していたことをきっかけに仲良くなり、連絡先を交換。

 

その後私が1ヶ月の南京留学に行くことになり、南京に戻っていた彼女に連絡しました。南京市内を案内してくれて、実家にもお邪魔しました。

f:id:chunhua1223:20190218234449j:image

 

 

一昨年は、私が旅行で上海に行った時に上海で就活をしていた彼女と再会。

f:id:chunhua1223:20190218234507j:image

 

そして去年は再び南京で会い一緒に春節を過ごしました。

 

まさか今度は東京で会えるとは!

そして、2年前は彼女が就活中でしたが今年は私が就活。変な感じ。

もし私が東京で働くことになったら頻繁に会えるね!就活でまた東京に行くことがあったら泊めてくれるそうです。ありがたや。

 

 

 

まとめ

とても優しくて、努力家で、お姉ちゃんみたいな大好きな友達です。

こうして関係が続いていくのがとても嬉しい!

 

またすぐ会えそうです❤️

 

 

中国留学は危険?そうでもないと思います。

こんにちは、ハルカです。

 

留学前、中国へ行くと人に言うと

「中国!?危ないよ!」

「そんな危ないところ、行かせるわけにはいかない!」

と言われたものです。

 

でも、本当にそうなのでしょうか?

 

 

 

 

 

「中国だから」危ないのか?

f:id:chunhua1223:20190219003953j:image

「中国は危ない」と言う人は、「中国だから」危ないと言うのでしょうか?

海外だから危ない、日本以外の国は危ない、と思っているかもしれません。

 

確かに日本語はは通じませんが、それは他の国でも同じこと。文化や習慣が違うことも同じです。

 

 

 

中国はむしろ安全かも

監視がある

「共産党は怖い」というイメージがあるかもしれません。確かに良いことばかりではありませんが、逆に監視がある分安全だとも言えます。

 

監視が無ければきっと今より犯罪が増えるでしょう。鉄道駅や地下鉄でも荷物検査があります(どれくらいちゃんとしているかは分からないけど)。

監視といっても、政府を批判するようなことをしなければ全く問題なく生活できます。

 

 

銃刀法

中国では日本と同じく一般の人が銃を持つことはできません。銃刀法に違反すると極刑なので、銃による犯罪はほとんどありません。アメリカなんかよりよっぽど安全だと思います。

薬物に関しても同じ。(実際はどうだか分からないけど他の国よりは少ないはず)

 

 

外国人は優遇される

中国では外国人は様々な場面で優遇され、大切に扱われます。

例えば中国の大学に留学した場合、留学生は中国人学生よりセキュリティーがしっかりした良い寮に住めることが多いです。

 

また外から来た人を歓迎する文化があるため、親切にしてもらうことも多いです。

 

 

 

反日なんでしょ?

f:id:chunhua1223:20190219004754j:image

「反日だから危険、何をされるか分からない」

と思う人もいるでしょう。

しかし、私は1年間の中国滞在中、日本人だからと差別されたことは一度もありませんでした。

あの南京大虐殺の記念館に行った時でさえ、日本人だからと何か言われることはありませんでした。

www.china-arekore.com

 

 

むしろ日本に興味がある人が多いです。アニメや日本製品など、日本が受け入れられている印象でした。若い人は特に友好的な人が多いです。

 

確かに反日思想の人もいなくはないし、反日映画などは溢れています。しかし日本人ということが危険に繋がる可能性は低いと思います。

 

 

 

空気汚染も心配

f:id:chunhua1223:20190219004326j:image

確かに空気は汚い。しかしいつも真っ白!ということはありません。

空気が澄んだ青空の日だってあります。

f:id:chunhua1223:20190219004305j:image

 

空気が汚いと言っても、そこで何十年も生活している人はたくさんいます。1年くらいの留学は許容範囲では…?

空気が悪い日は外出を控える、マスクを付ける、空気清浄機を買うなど多少対策もできます。

 

比較的空気汚染の少ない地域を留学先に選ぶこともできますよね。空気汚染を理由に留学自体を諦める必要はないと思います。

 

 

 

まとめ

「中国は危険」と留学を反対されている、行ってみたいけど不安、という方の参考になれば幸いです。

 

百聞は一見に如かず!

ぜひ実際に中国を訪れ、感じ、楽しんで欲しいと思います^ ^

中国の紅白歌合戦「春节联欢晚会」を日本で観る方法

こんにちは、ハルカです。

 

中国の一大イベントといえば、春節です。

旧暦のため毎年日にちが違いますが、2019年は2月5日。

 

f:id:chunhua1223:20190204172735j:image

大晦日にあたる2月4日には春节联欢晚会という紅白歌合戦のような番組が放送され、これを家族で観ながらご飯を食べます。

略して春晚春联と呼ばれたりもします。

 

実はこの番組、日本でも生中継で観ることができます。

 

 

放送時間

f:id:chunhua1223:20190204173545j:image

2019年2月4日20時からです。

中国時間で20時のため、日本時間では21時からなのでご注意を。

 

 

CCTV

中国の国営放送局、中国中央电视台(CCTV)の公式サイトから観ることができます。

春晚のページはこちら→2019@春晚

 

 

各種動画サイト

動画サイトでも生中継を配信します。

それぞれアプリもあります。

f:id:chunhua1223:20190204173604j:image

优酷-这世界很酷

爱奇艺-在线视频网站-海量正版高清视频在线观看

腾讯视频-中国领先的在线视频媒体平台,海量高清视频在线观看

 

 

内容

去年のオープニング。赤一色です。

f:id:chunhua1223:20190204173734j:image

 

 

日本の紅白は歌並みですが、春晚は歌だけでなく新喜劇のような喜劇や漫才もあります。f:id:chunhua1223:20190204173730j:image

 

出演者も毎年豪華!今年はジャッキーチェン(成龙)も出るようです。

 

北京だけでなく、安徽省、吉林省、湖南省など全国に会場があり、CCTVでは色々な会場が中継されます。

動画サイトでは各都市のテレビ局の中継も観ることができますよ。

 

 

まとめ

さすが中華圏の人々にとってとても大切な年に一度のお祭り。ド派手で華やかです!

 

面白いし、中華圏のトレンドを知るのにも良いかも?ぜひ観てみてください。

 

 

去年は南京の友達の家で春節を過ごし、春晚もみんなで観ました!

 

www.china-arekore.com

www.china-arekore.com

 

海外のTEDxってどんな感じ?中国・北京のTEDxWangjing Womenに参加してみた。

こんにちは、ハルカです。

 

突然ですが、TEDxって知っていますか?

TEDは毎年カナダで行われるスピーチイベントですが、TEDxはTED本部からライセンスをもらって運営される、いわば「TEDのローカル版」です。

 

日本にいたときに少しTEDxの運営に関わっていたので、留学中に北京で開催されたTEDxを探して参加してみました。

 

 

北京のTEDx

北京は広いので、北京の中でもいくつかTEDxがあります。最初は北京の繁華街、三里屯で行われるTEDxSanlitunに参加しようと思いましたが、参加費がバカ高かった…確か日本円で2万円くらい!?手が出ませんでした。

 

中国の東大、清華大学のTEDxQinghuaUniversityは時期が合わず、望京という場所で行われたTEDxWangjingWomenに参加しました。

 

TEDxイベントにはWomen、Youth、Universityなどさまざまな種類があり、今回参加したのはWomenです。

 

 

ちなみに、TEDx公式サイトと微博でイベントを知りました。調べてもなかなか出てこなくて分かりづらかった…。

f:id:chunhua1223:20190201092714j:image

こんな感じに紹介されていました。

 

 

 

会場

2017年11月4日、北京の望京で行われました。

f:id:chunhua1223:20190129233627j:image

会場は798芸術区というアートが有名な観光地の近く。貸しスペースやお洒落なお店が集まるエリアの一角です。

 

 

受付を済ませ、会場に入ります。
f:id:chunhua1223:20190129233709j:image

水もTEDx

 


f:id:chunhua1223:20190129233632j:image

デジタルボードに参加者がサインを書いていきます。

 


f:id:chunhua1223:20190129233642j:image

2階も合わせて収容人数200ほどのホールでした。わくわく。

 

TEDxには毎回テーマがあります。

この時のテーマは”Bridge”でした。

 


f:id:chunhua1223:20190129233652j:image

TEDxお決まりのオープニング動画のあとは、世界各地のTEDxを紹介する動画。東京も出てきましたよ!

 

 

ホールの壁には登壇者の紹介パネルがありました。

f:id:chunhua1223:20190129233656j:image

 

 

 

 

トーク

8人ほどのスピーカーさんがトークを披露しました。

日本でもいくつかTEDxに参加したことがありますが、日本と比べて聞き手の拍手や反応が大きかった気がします。

 

f:id:chunhua1223:20190201090807j:image

この方は女性研究者の方。

専門用語が多くて正直あまり分からなかった…。

 

 

f:id:chunhua1223:20190201090822j:image

こちらの方は乳がんの闘病について。

「爱来了,癌走了」(愛が訪れて、ガンが去った)。ガンになって、周りの人の優しさに気づいたという内容でした。

「爱ài」(愛)と「癌ái」(ガン)をかけているんですね。

 

 

 

休憩時間は交流

TEDxはただトークを聞くだけでなく、参加者(パーティシパント)同士も交流する機会が作られます。

f:id:chunhua1223:20190129233638j:image

可愛いカップケーキを頂きながら他のパーティシパントやスタッフさんたちと交流。

 


f:id:chunhua1223:20190129233703j:image

すごい!

色々な人と感想を言い合ったりしました。私がトークの中で聞き取れなかったところを教えてくれたりしました。

 

当然外国人は私1人。珍しがって(?)いろんな人が声をかけてくれました。

「日本でTEDxをやっていた」とスタッフの方に言うと「よく来たね〜」と歓迎してくれました。

 

幸いなことに、なんとスタッフの1人に日本語が上手な方がいて、色々助けてくれました!ラッキー!

 

スタッフの中には学生もいて、私もスタッフやってみたいなーと話してみたり。

 

 

 

エンディング
f:id:chunhua1223:20190129233620j:image

最後はスピーカーとスタッフが舞台に上がり写真撮影。その後にパーティシパントも含めて写真。楽しかったです。

 

スタッフをやろうかとメールアドレスをもらって連絡したりしましたが、留学初期の私の語学力では厳しかったのと大学から遠かったこと、次のイベントは私が帰国してからの予定だと聞き結局スタッフをやることにはなりませんでした。

 

でも、日本でTEDxの運営をしていたので、中国でも同じTEDの精神を持ってTEDxをやっている人たちがいると知り、なんだか嬉しかったです。

聞き取れなかった部分は後日公開された動画で復習しました(笑)

 

 

 

まとめ

世界中で開催されているTEDx。それをちょっと体験できて良かったです。

 

この後にもう1つ天津で行われたTEDxのYouthイベントに行ったのですが、運営が中学生〜高校生ということもあり(?)、私が知る限りでもTEDから指定されているルールをかなり破っていました…。

それを思うとTEDxWangjingはルールに沿って高いクオリティで行われていたと思います。

 

字幕が付いたものも多く語学の勉強にもなるので、動画サイトなどで中国のTEDxトークを探してみるのも良いかもしれません。

【中国留学生活】写真部の活動あれこれ

こんにちは、ハルカです。

 

私は1年間北京に留学していました。

留学先の大学で写真部に所属していました。色々な活動があって楽しかったです。

 

 

説明会

新学期が始まってすぐ、部活の勧誘がありました。日本と同じですね。

日本からカメラを持って行ったので写真部のブースへ。そこで誘われて説明会に参加しました。

f:id:chunhua1223:20190129230125j:image

来た人がこんなにたくさん!日本人は私だけで、フランスやデンマークの留学生も数人いました。あとはみんな中国人学生。

1年生を中心に3分の2くらい入部したと思います。

 

 

 

新歓

f:id:chunhua1223:20190129214427j:image

大学近くの部屋を借りて、ごはんデリバリーしてパーティー!

人生初の人狼ゲームをしました。中国でやるとは思わなんだ。

 


f:id:chunhua1223:20190129214422j:image

2階の部屋はなんとカラオケ!スタンドマイクまである!日本の歌もいっぱい。

こういう部屋は誕生日のときに借りることが多いらしく、ハッピーバースデーの飾りも(笑)

 

日本にはあまりこういう貸しスペースないかも?楽しかったです!

 

 

 

勉強会

f:id:chunhua1223:20190129214611j:image

たまにカメラやフォトショップについての勉強会もしてくれたので参加していました。が、当然中国語なので専門的な言葉ばかりでほぼ分からない私。

スマホの辞書とにらめっこしながら聞いていました。

 

部長が「あとで英語の資料あげるね」って言ってくれましたが、英語になったところでもっと分からない。

でも面白かったです。

 

 

 

写真を撮りにお出かけ

f:id:chunhua1223:20190129214945j:image

月2回くらい、みんなで写真を撮りに出かけました。

秋の紅葉、春の桜、胡同(下町のようなところ)、色々行きました。

www.china-arekore.com

 

 

 

チャリティーイベント

f:id:chunhua1223:20190129214749j:image

大学のイベントで、各部活がブースを出してチャリティー販売をするときがありました。

写真部は撮った写真をポストカードにして販売しました。

 


f:id:chunhua1223:20190129214756j:image

このイベント、なぜ夜だったんだろう。

ちなみに、中国お得意のスマホ決済なので夜で暗くてもお金を数えにくい心配はありません⭕️

 

 

 

登山部と合同企画

f:id:chunhua1223:20190129222824j:image

写真部と登山部は仲のいいメンバーが多く、一緒に活動したこともありました。

これは北京郊外の山へキャンプに行った時。

www.china-arekore.com

 

 


f:id:chunhua1223:20190129222831j:image

万里の長城にも行きました。

登山部パワフルすぎ…写真部が完全にお荷物でした(笑)

 

 

 

まとめ

写真部の友達は留学生の私にも優しく、色々な経験ができたので入部して良かったです!

部長をはじめ今でも連絡を取り合う友達もいます。

 

これから留学する方にも、機会があれば部活など中国人学生のコミュニティーに参加することをおすすめします^ ^