北京留学あれこれ日記

旅好き女子が中国に留学してみた話と帰国後のこと。

1年半ぶり!留学時代の友達とソウルで再会

こんにちは、ハルです。

 

先日、留学時代の友達を訪ねてソウルへ行きました。にも行きましたが、今回はどうしても行きたかった理由がありました。

 

⬇︎前回の記事はこちら

www.china-arekore.com

www.china-arekore.com

 

韓国人の友達だけでなく、フランス人の友達とも会えることになったのです。

私たち3人(🇯🇵🇰🇷🇫🇷)は留学前半毎日一緒にいたのですが、フランス人の彼女だけ半年先に帰国したのでした。

 

そんな彼女が、夏休みを利用し1ヶ月間ソウルへ短期留学!しかも韓国人の友達の大学のすぐ隣の大学へ。

私もソウルへ行けば、3人揃って会うことができると分かりました。行くしかないですよね!

 

韓国人の友達が色々行く場所を考えて連れて行ってくれました。

 

 

広蔵市場

f:id:chunhua1223:20190712234849j:image

平日の昼間でも賑やか。

屋台やお土産やさんがたくさん並んでいます。


f:id:chunhua1223:20190712234842j:image

店先で揚げ物をするおばちゃんたち。

ここで食べました。

 

私はユッケや生タコも食べたかったのですが、フランス人が偏食で食べられないので断念。まあナマモノは苦手でも仕方がないかもしれない。今度リベンジしなきゃ。

 

f:id:chunhua1223:20190723074013j:image

外で揚げていたやつ。これはセットで注文したらしい。これは新年(旧正月)に食べることも多いそうです。

どこの店でもキムチがちゃんとついてくる。

 


f:id:chunhua1223:20190712234835j:image

1本挟んだ通りは生地や布製品を売る店が連なっていました。こういうの楽しい。

 

 

昌徳宮(チャンドックン)

f:id:chunhua1223:20190713004038j:image

前回私は景福宮(キョンボックン)へ行ったので、今回は昌徳宮へ。

とにかく暑かった。一応韓国も梅雨のはずだったんですが、晴れ女パワー炸裂。

 


f:id:chunhua1223:20190713004034j:image

後園は保護のため、自由には散策できなくなっていました。追加料金を払い、指定の時間にガイドさんについて周ります。

 

その日の分の英語と日本語のガイドは終わっていたので、韓国語。さっぱり分かりませんでしたが、時々友達が通訳してくれました。

 

 

ナムサンタワー

f:id:chunhua1223:20190713004129j:image

タワーからの景色。ソウルの街が山に囲まれているのがよく分かります。

夕方から登って、日が暮れるのを待ちます。

 


f:id:chunhua1223:20190713004136j:image

毎秒変わる景色が綺麗。タイムラプス撮ればよかったかな。

 


f:id:chunhua1223:20190713004133j:image

夜景。山と街がはっきり分かります。

 


f:id:chunhua1223:20190713004140j:image

日が沈むのが20時頃だったので、帰りが遅くなりました。日本の同じ時より日が長い。

 

 

夜ご飯は焼き肉!

f:id:chunhua1223:20190713004218j:image

そのあとは焼肉!!幸せ…🥓

食べて飲んで、一人1000円ちょっと。安い!大学の近くで学生が多い場所だったのもあるのかな?

 

ビール(メッジュ)とソジュを混ぜたものを飲みました。「ソメ」と言うそうです。

ただのビールのつもりで飲むと危険です笑

 

 

カラオケ

f:id:chunhua1223:20190713004258j:image

ごはんの後はカラオケへ。この流れ、日本と同じ笑

韓国にもカラオケあるんですね。この時点で23時回ってました…眠い。

 

日本のカラオケとはちょっと違い、時間制ではなく、曲単位でお金を払う仕組みでした。12曲で3000ウォン。(約300円弱)

日本語の曲もたくさんあります。結局午前3時まで歌い続けました…。

 

 

まとめ

f:id:chunhua1223:20190723075651j:image

二人とは、留学中はほぼ毎日一緒にいました。

同じクラスで授業を受けて、食堂でご飯を食べて、自習室で勉強もしたし、週末は遊びに出かけたり。

 

あの頃は一緒にいるのが当たり前だったけど、今回3人で会うのはかなり大変でした。(日程調整とか)

この先それぞれ仕事に就いたらもっと難しくなるだろうし。

 

弾丸旅でしたが、会いに行って良かったです!

国を超えてこうして繋がっている友達ができることは、語学の習得以上に留学の醍醐味かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

中国青海省の西寧から標高4000mの日月山へドライブ

こんにちは、ハルカです。

 

2018年7月、中国の内陸にある青海省を訪れました。

省都の西寧市からゲストハウスで知り合った人たちと車をチャーターし、中国最大の湖・青海湖へ。

 

その途中で平均標高4000mにもなる「日月山」に立ち寄りました。「山」とつきますが、日月山は山の名前ではなく地名です。

 

 

青海湖へはバスより車がおすすめ

f:id:chunhua1223:20190224202135j:image

西寧で泊まったゲストハウスで、大学生の2人組の女の子たちをつかまえ「一緒に青海湖行かない!?」と交渉。彼女たちも行く予定だったようで、翌日一緒に行くことに。

 

 

最初はバスで行くつもりでバスターミナルへ向かいましたが、そこで待ち構えていた客引きのおじさんに捕まりました。

 

話を聞くと、1人150元で1日車を走らせてくれるらしい。青海湖だけ行くつもりでしたが、色々と連れて行ってくれると言うので「怪しい…?」と思いながらも願いすることにしました。

 


f:id:chunhua1223:20190224202232j:image

西寧から出て高速に乗るくらいのところで見えたチベット仏教のお寺。

 

 

日月山の絶景
f:id:chunhua1223:20190224202206j:image

西寧からだいぶ離れると、車はひたすらぐねぐねとした道へ。目が回るのは道のせい…と思いましたが、軽い高山病でした。若干頭が痛い。

 

日月山では海抜3800mという看板を見ました。

富士山を超えた!!

頭が痛い訳だ。もっと高い場所もあります。

 


f:id:chunhua1223:20190224202158j:image

西寧から持ってきたパンの袋もパンパン。西寧の標高も2275mもありますが、更に上まで来た証拠。

 


f:id:chunhua1223:20190224202120j:image

どこまでも続く草原。黄色の部分は7月に見られる菜の花です。この後に行った青海湖では、湖と菜の花のコントラストが見られました。

 


f:id:chunhua1223:20190224202223j:image

チベットの飾り。

中に入るとお金がかかるとのことなので外から。時間もあまりないし。

 


f:id:chunhua1223:20190224202249j:image

飼育されている大きなヤクがいました。

 


f:id:chunhua1223:20190224202241j:image

地元の子供。5元でヤクの子供を抱かせてくれるとのことでしたがお断りしました。

 

 

ヨーグルト休憩
f:id:chunhua1223:20190224202054j:image

日月山を後にし、青海湖へ向かいます。

その途中で運ちゃんが「休憩」と言って車を停めました。こんなところで置いてけぼりにされたら命はない…と思った。(されないけど)

 


f:id:chunhua1223:20190224202142j:image

車を停めたところに大きなテントがあり、「ヤクのミルクで作ったヨーグルト食べて」と勧められる。砂糖をまぶしていただきました。美味しい。

 


f:id:chunhua1223:20190224202151j:image

器も綺麗。値段も言われず食べたので「どんな高額請求されるんだろう…」と思いましたが6元。思ったよりは良心的な値段。

 

ここの物価的に高いのだろうと思いましたが、こんな何もないところに住む人たちの貴重な現金収入なのだろうと思いながら払いました。

 

頼んでもないのに連れてきたってことは、運ちゃんとビジネスパートナーなのか?まあいいや。

 

 

大草原の超簡易トイレ
f:id:chunhua1223:20190224202114j:image

食べ終わると「しばらくないからトイレ行っとけ」と言われる。

 

道の反対側にあったのは、レンガを積み上げただけの超簡易トイレ。もちろん水洗ではない。

 

ドアもないので、女の子たちと交代で入口の番をしました。「トイレ1元」と書いてありましたが、お金を入れる場所もないし払ってません(笑)

 


f:id:chunhua1223:20190224202214j:image

車が出る頃になると、ヤクの群れがやってきました。さっきのヨーグルトはこの子たちのミルクだったのね。ご馳走さま。

 

 

まとめ

このあと青海湖へ向かいました。

バスで行っていたら日月山には立ち寄れなかったので、車チャーターにして良かったです。

 

運ちゃんへの支払いは後払いだったので「本当に1人150元かな…」と最後まで心配でしたが、本当に150元でした。

しかもゲストハウスまで送ってくれた。

 

青海湖からの帰りには砂漠と原爆博物館に寄ったので、また記事にしようと思います。

 

中国語学習におすすめのネット番組「我在这里的理由」

こんにちは、ハルカです。

 

最近は1日1本、

「我再这里的理由(私がここにいる理由)」

というドキュメンタリー番組を観ています。

 

中国語の勉強のためだけでなく、内容も面白いので毎回楽しみにしています。

 

 

「我在这里的理由」とは?

日本に住む中国人、中国に住む外国人(日本人が多い)に密着したドキュメンタリーです。

略して「我住」と呼ばれています。

 

南京在住の日本人ディレクター、竹内亮さんが手がけており、竹内さん・俳優の阿部力さんがナビゲーターで登場し、主人公の素を引き出していきます。

 

1回20分弱なので、1日1本観るのにちょうど良い!

 

大きく分けて5つのパターンがあります。

・日本に住む中国人

・中国に住む日本人

・中国に住む外国人(日本人以外)

・日本以外の外国に住む中国人

・芸能人

 

 

 

日本に住む中国人f:id:chunhua1223:20190421194035p:image

この回の主人公は、日本に来て5年、メガネ販売員として働く鞠さん。外国人とは思えないほど流暢な日本語で接客していてすごい。

画像は貴州省の両親とテレビ電話をしている場面。

 

 

中国に住む日本人

f:id:chunhua1223:20190426200103p:image

上海でマッサージやネイルのお店をやっているさやかさん。以前は沈陽に住んでいて、中国生活は5年になるそう。

 

 

中国に住む外国人(日本人以外)

f:id:chunhua1223:20190421202821p:image
北京に住むアルゼンチン人の彼は「网红」。

流暢な中国語で動画を配信しており、中国で大人気だとか。

 

 

日本以外の外国に住む中国人

f:id:chunhua1223:20190425205309p:image

最近は日本以外の国に住む中国人も取り上げられています。

この回は、カンボジアでケーキ屋を営む葉さん。

 

 

芸能人
f:id:chunhua1223:20190421194001p:image

芸能人も登場します。

GENERATIONSの片寄涼太さん。中国でものすごい人気です。中国語も勉強しているそうで、Weiboのアカウントのフォロワー数もすごい。

 

 

 

まとめ

もともとドキュメンタリー番組が好きなのもあり、ハマってしまいました。

毎日楽しみにしています。

 

和之梦 - 官方频道 - YouTubeでは日本語や英語の字幕が付いたものも公開されているので、ぜひ観てみてください!

 

アナログも素敵!留学時代の友達と文通

お久しぶりです、ハルカです。

 

就活でバタバタしており、気づけば2ヶ月近く更新していませんでした…!

 

さて、最近のマイブームは、文通です。

留学していた時は、よく中国から日本の友達や家族に手紙を出していました。

 ↓現在中国にいる方はこちらご覧ください

www.china-arekore.com

 

 

帰国した今は、留学時代の友達やお世話になった人たちに手紙やポストカードを送っています。なかなか楽しいですよ。

 

 

フランス人の友達

f:id:chunhua1223:20190419100510j:image

帰国後に文通を始めたきっかけは、フランス人の友達の誕生日。バースデーカードを送りました。

1日早く届いてしまったようですが(笑)、喜んでくれて良かったです!

 

その後私の誕生日にも手紙を送ってくれました。嬉しい!

 

 

韓国人の友達

昨年11月に、ソウルに住む友達を訪ねました。久しぶりに会えて嬉しかった!

家に泊めてくれたり色々な所を案内してくれたので、改めてお礼ということで手紙を送りました。

いつもwechatで連絡は取っているけど、アナログも大事だと思う。

 

 

ロシア人の友達

Instagramで中国旅行&中国語学習用のアカウントを作りました。

 

たまたまフォローした中国語学習者のロシア人が、なんと留学前期のクラスメイトでした!しばらく気がつかなかった!SNSの世界も狭いものですね(笑)

 

あまり連絡を取っていませんでしたが、そこからDMでやり取りするうちにポストカードを送り合うことに。嬉しい〜

 

f:id:chunhua1223:20190419100120j:image

送ってくれたポストカードがこちら。

めちゃめちゃ可愛い!💓

私も日本っぽいカードを送りました。

 

 

 

まとめ

SNSでいつでも連絡が取れる時代ですが、相手を想ってカードや便箋を選んだり、手書きでメッセージを書くのは良いものです。

 

これからも続けたいと思います。

中国でサイゼリヤに行ってみた。

こんにちは、ハルカです。

 

中国生活で中華料理に飽きたら、都会であれば日本のお店もたくさんあります。

北京にはあのサイゼリヤもありました。

 

 

行ってみた

f:id:chunhua1223:20190223103309j:image

店構えはこんな感じ。ショッピングモールの中にありました。北京には何店舗かあるようです。

中国語では音で当てて萨莉亚と言うんですね。

 


f:id:chunhua1223:20190223103315j:image

日本と全く同じ店内。

早い時間に行ったので空いていましたが、お昼時になると満席で待っている人もたくさんいました。

 

 

 

メニュー

f:id:chunhua1223:20190223103555j:image

日本と同じメニューも多いですが、中国ならではのものもありました。

麻辣肉酱面とかあります。

 


f:id:chunhua1223:20190223103320j:image

セットのスープも日本と違う気がする…(?)

 

値段は日本より更に安い!上のパスタで300円しません。中国の吉野家やその他日本のチェーン店はだいぶ高いのに何故だ…。

 


f:id:chunhua1223:20190223103252j:image

デザートメニューはこんな感じ。

日本より種類が豊富かも?

安いのでデザートだけ食べに行くのもあり。

 

 

 

オーダー
f:id:chunhua1223:20190223103301j:image

注文は中国式でした。自分でチェックします。

火鍋などでよくあるオーダー方式。

 

 

 

食べる
f:id:chunhua1223:20190223103305j:image

日本のごはんが食べたかったので、中国メニューは頼まずカルボナーラを注文。

日本のサイゼリヤと同じ味だ…感動。

 


f:id:chunhua1223:20190223103257j:image

きのこスープも注文。これも日本の味でした。

 

 

 

まとめ

他にも日本のチェーン店だと吉野家、味千ラーメン、しゃぶしゃぶ温野菜、牛角などありました。(北京)

 

たまには日本のお店で食べるのもいいかもしれません。

 

【中国留学体験談】平日の1日の流れ

こんにちは、ハルカです。

 

2017年9月〜2018年7月まで、北京第二外国語学院に留学していました。

留学中の生活リズムを紹介します。

 

 

私の留学スタイル

f:id:chunhua1223:20190219212044j:image

大学の中の留学生のみで構成される語学クラスにいました。交換留学で来ていた日本人の中には単位取得のため学部の授業にもいくつか参加している人もいましたが、私は必要がなかったので行っていません。

 

基本的に授業は平日の午前中のみ。午後はクラスによりますが、私はほとんど無かったです。

私は受けませんでしたが、午後は追加でHSKの講座を取っていた人もいました。

(半期で600元くらい?だった気がする。高かったので自力で勉強することにしました。)

 

 

 

生活リズム

平日の生活リズムの例をご紹介します。

7:15 起床

朝8時から授業でした。学内の寮に住んでいて、寮・教室・食堂が徒歩5分圏内という素晴らしい環境!

(小さい大学だったというのもあります。清華大学など広大な敷地の大学は、学内の移動にバスや自転車を使うほどです。)

 

最初は6時くらいに起きていましたが、だんだんメイクや服装に気を遣わなくなり、すっぴんメガネにトレーナーで授業へ行くように…。

 

着替えて、顔洗って、歯を磨くだけなのでギリギリまで寝ていました。

 

 

7:30 朝食

朝食は基本的に学食で食べていました。肉まんや油条という揚げパンのようなもの、目玉焼き、ちまき、など。

 

↓ある日の朝食

f:id:chunhua1223:20190219212205j:image

これで5元(約100円)くらい。リッチな方です。

朝はだいたい3元で済ませていました。安くて美味くてお腹いっぱい!

 

中国人はみんなおかずと一緒にお粥を食べていましたが、味のない感じが好きではなくあまり食べませんでした。あと中国人はよく豆乳も飲んでいました。

 

油っぽいものが多いので、たまに売店で果肉入りヨーグルトやバナナなどのフルーツを買って食べることもありました。こちらの方が学食より割高なので基本は肉まん。

 

 

8:00〜11:25 授業

f:id:chunhua1223:20190219212615j:image

授業は日本の大学と同じで90分一コマ

でも45分のところで5分間の休憩がありました。これがあると結構集中できて良い。

 

授業はこんな感じ。

・閲読

・リスニング(前期のみ)

・ライティング

・視聴覚(前期のみ)

・スピーキング

 

↓授業について

www.china-arekore.com

www.china-arekore.com

 

 

 

11:30〜 昼食

f:id:chunhua1223:20190219212718j:image

友達と一緒に授業後そのまま食堂へ直行。

食堂は何箇所かあり、メニューも豊富!毎日食べるのが楽しみでした。

 

私は麺料理を食べることが多かったです。

たまに学校の外のお店に行ったりもしました。

 

↓学食のごはんを紹介しています

www.china-arekore.com

 

 

12:30 洗濯

ご飯の後は部屋に戻って休憩。数日に1回このタイミングで洗濯をします。早く寮に戻らないと洗濯機が使用中だと洗濯できないので、洗いたい日は早めに戻ります。

 

洗濯に45分ほどかかるので、部屋でのんびり休憩しながら待ちます。洗濯がない日は昼寝したり。

 

ちなみに外には干す場所がなく、部屋干しでした。寮で唯一の不満点。

 

↓寮はこんな感じでした

www.china-arekore.com

 

 

 

13:30 自習

午後は完全にフリーです。何をするのも自由。

基本的には自習室へ。

 

友達と約束した日は遊びに出かけたりもしましたが、後期は行く場所もなくなり、「お金を使わない時間の使い方=勉強」ということで自習室にこもっていました。

 

自習室は冷暖房があって快適なので、勉強以外にも本読んだり動画観たりもしていました。

 

テスト期間になると自習室は席の確保が必要なほど皆んな勉強していました。夜22時まで空いていて、遅くまで勉強している人がたくさん。

 

 

16:00 買い物

買い物は基本的に学内の売店か門を出たところにあるスーパーに行っていました。

学内でも日用品からフルーツまで何でもそろいます。試験期間中は1週間くらい学校の敷地から出ずに生活していました。

 

 

17:30 夕食

夕食ももちろん学食。

 

 

19:00 自習

夜も自習室に行ったり、行かなかったり(笑)

後期はけっこう行っていたと思います。部屋に帰るとルームメイトがいて勉強しづらいし。

 

↓こんな感じで勉強していました

www.china-arekore.com

www.china-arekore.com

 

 

 

22:00 シャワー

ルームメイトがシャワーは昼に浴びる人だったので、時間の譲り合いをしなくてよかったのは楽でした。

 

ルームメイトは、多少生活リズムがズレている人の方がいいかもしれません。変な時間に帰ってきたり起こされたりするのは困るけど。

 

 

24:00 就寝

日付が変わるくらいには寝ることが多かったです。

 

 

まとめ

留学生活は自分次第です。

私の場合、午後は授業がなく完全にフリーだったので、留学後半は特に時間の使い方を考えました。

 

意外と地味な生活ですよね。

そうなんです、慣れれば慣れるほど日常は地味でした(私の場合)。

 

もちろん色んな人がいて留学のかたちも様々。

これは私の例に過ぎませんが、留学生活のイメージができたら幸いです^ ^

 

↓学校はこんなところでした

www.china-arekore.com

 

南京の友達と東京で再会!大学院合格おめでとう!

こんにちは、ハルカです。

 

先日、就活で東京へ行きました。

f:id:chunhua1223:20190218232140j:image

 

 

1年ぶりの再会

就活の合間に友達に会いに行きました。

南京出身の友達です。

f:id:chunhua1223:20190218232147j:image

 

去年の春節は南京の彼女の実家にお邪魔したので、ちょうど1年ぶりの再会。ご両親にも良くしてもらい、今回私たちが東京で再会することを伝えると喜んでくれました。

 

⬇️南京で過ごした春節の様子はこちら

www.china-arekore.com

www.china-arekore.com

 

 

 

彼女は大学を卒業して南京で仕事をしていたのですが、年末に東京の大学院を受験すると連絡がありました。

受験のための滞在で東京に部屋を借りるため、私の名前と電話番号を貸しました。学生ビザ無しで滞在するのに必要だったそう。

 

今回私が東京に行くと連絡したちょうどその日、大学院の合格通知が来たそうです!おめでとう!!㊗️

これであと2年は日本にいるからすぐ会えるね❤️

 

 

 

毎年違う場所で

私たちの出会いは3年前。友達に誘われて行った国際交流イベントで知り合いました。

 

当時彼女は私の友達の大学に留学していて、そのイベントに参加していました。

私が少し中国語を勉強していたことをきっかけに仲良くなり、連絡先を交換。

 

その後私が1ヶ月の南京留学に行くことになり、南京に戻っていた彼女に連絡しました。南京市内を案内してくれて、実家にもお邪魔しました。

f:id:chunhua1223:20190218234449j:image

 

 

一昨年は、私が旅行で上海に行った時に上海で就活をしていた彼女と再会。

f:id:chunhua1223:20190218234507j:image

 

そして去年は再び南京で会い一緒に春節を過ごしました。

 

まさか今度は東京で会えるとは!

そして、2年前は彼女が就活中でしたが今年は私が就活。変な感じ。

もし私が東京で働くことになったら頻繁に会えるね!就活でまた東京に行くことがあったら泊めてくれるそうです。ありがたや。

 

 

 

まとめ

とても優しくて、努力家で、お姉ちゃんみたいな大好きな友達です。

こうして関係が続いていくのがとても嬉しい!

 

またすぐ会えそうです❤️