北京留学あれこれ日記

旅好き女子が中国に留学してみた話と帰国後のこと。

青海省西寧の巨大イスラム教寺院、東関清真大寺

こんにちは、ハルカです。

 

中国の内陸、青海省の省都、西寧市には回族というイスラム教徒の人たちが多く住んでいます。

 

f:id:chunhua1223:20180819224207j:image

青海省全体ではチベット族が多いですが、西寧は省の一番東にあり回族が多い地域に近いことから市内は回族の人が目立ちます。

(もちろん一番多いのは漢族)

 

 

西寧には、中国で最も大きいイスラム教寺院の一つ、東関清真大寺があります。

 

f:id:chunhua1223:20180719112134j:image

 

 

 

 

行ってみました

f:id:chunhua1223:20180719112212j:image

入場料はかかりません。(寄付の箱は置いてあります。)

 

観光客も入れますが、イスラム教寺院なので女性は肌の露出は制限されます。

胸が見えそうな服、スカート、短パンの女性はそのままでは入れないので、隠すためのスカーフを借ります。

 

女性は注意してください。長ズボンで行くことをおすすめします。半袖は大丈夫です。

 

 

 

 

f:id:chunhua1223:20180719112441j:image

外観。大きい!

 

 

f:id:chunhua1223:20180719112410j:image

入るとこんな門があります。

 

 

f:id:chunhua1223:20180719112551j:image

中国じゃないみたい!観光客も多かったですが、回族の信者の方もたくさん。

 

 

f:id:chunhua1223:20180719112633j:image

私が行ったのはお祈りの時間ではなかったですが、お祈りで使うカーペットが準備してありました。

白いラインはお祈りの時に並ぶためのもの。

 

多いときは3万人もお祈りに集まるそうです。

 

 

f:id:chunhua1223:20180719112900j:image

宣教師?さんがイスラム教のお話をはじめました。

あまり詳しくは覚えてないですが、「人生只有一次(人生は一度きり)」とやたら何度も言っていました。聞いている人はみんな漢族のようです。

 

 

f:id:chunhua1223:20180719113221j:image

ぞろぞろとついて行く人たち

 

 

 

街中もイスラム教色

東関清真大寺の周りは、西寧の中でも特にイスラム教を信仰する回族の人が多いです。

f:id:chunhua1223:20180719113448j:image

男性は白い帽子(なんて言うんだっけ)、女性はヒジャブを被っています。

顔つきも少し中国離れしている人もいます。

 

飲食店も、イスラム教を表す「清真」と書いてあるお店が多いです。

蘭州ラーメンのお店が多い。美味しいです。

f:id:chunhua1223:20180824102553j:image

 

 

 

f:id:chunhua1223:20180719130459j:image

モスクの近くは特にイスラム教な雰囲気。

ちょっと観光客意識してる感もあったけど。

 

 

f:id:chunhua1223:20180719114037j:image

回族の女の子の小学校もありました。

回族の中学校も見かけました。

 

 

 

 

まとめ

街全体では、10人いたら3人くらいがイスラム教の回族の人という感覚

やっぱり漢族が一番多いですが、これでもかなりの割合だと思います。

 

また、西寧にはイスラム教だけでなくチベット仏教の寺院もあり、坊さんも歩いています。

チベット文字もよく見かけます。

 

 

色々な宗教、民族が混ざっていて、今まで訪れた中国の他の街とは違った雰囲気が味わえました。