北京留学あれこれ日記

旅好き女子が中国に留学してみた話と帰国後のこと。

ゲストハウスを選ぶポイント

こんにちは、ハルカです。

 

 

私は旅行するとき、日本国内でも海外でもゲストハウスに泊まることがほとんどです。

普通のホテルは久しく泊まっていません(笑)

 

ゲストハウスに泊まればホテルより安く節約になるし、人と交流する機会が多いためです。

 

今まで日本、中国、台湾、ミャンマーでゲストハウスに泊まり、日本ではゲストハウスのバイトもしていました。

そんな私がゲストハウスを選ぶポイントをご紹介します!

 

 

 

立地

f:id:chunhua1223:20180913183851j:image

なるべく観光に便利な場所にある場所を選びます。駅やバス停が近くにあるかなどチェック。

余りにも不便な場所にあると、移動に時間とお金がかかってしまうためです。

 

ただし、比較的長期滞在でのんびりしたい時はあえて中心部から離れた静かな場所を選んだりもします。

 

 

 

評価

快適に過ごすためにかなり重要です。

予約サイト内の評価や口コミを見て、なるべく良いところを選びます。

 

私はゲストハウスで快適に過ごすだけでなく人と交流もしたいので、口コミを特によく見ます。「オーナーが良い人」「親切だった」と書いてあると泊まりたくなります。

 

海外でSIMカードやポーダブルWi-Fiを持っていないと宿のWi-Fiが頼りなので、「Wi-Fiが繋がらない」といった口コミがないかもチェック。

 

 

 

女性専用ドミトリー

f:id:chunhua1223:20180913183856j:image

安心のためになるべく女性専用ドミトリーに泊まるようにしています。

女性専用ドミトリーはミックス(男女混合)ドミトリーに比べて値段が高い場合も多いですが、安心と安全を買うということで。

 

以前はミックスでもあまり気にしませんでしたが(安いし)、ミャンマーで若干怖い目にあってから女性専用ドミトリーを選ぶようになりました。

 

どうしてもミックスになる場合は、ベッドにカーテンがある宿を選びます。

ミックスドミトリーで自分以外全員男性という場合は、部屋を替えてもらえるか頼んでみたりします。

 

 

 

公共スペース

f:id:chunhua1223:20180913183241j:image

公共スペースがあるゲストハウスなら、自然と人が集まるので他の旅行者と仲良くなりやすいです。

 

一人旅が長くなると寂しいし、観光も複数人で行った方が安い場合もあるので、ゲストハウスで知り合った人と一緒に出かけることもよくあります。

 

事前には分かりませんが、看板ネコがいると嬉しい。🐈

 

 

 

外国人受け入れ

f:id:chunhua1223:20180913184153j:image

中国の場合、外国人を受け入れていないゲストハウスがけっこうあります(そういう宿に限って評価や立地が良かったりする…)。

これは安宿によくあり、ホテルならよっぽど大丈夫です。

 

宿泊するのに中国人の身分証が必要なため、外国人は知らずに予約すると到着しても泊めてもらえない、ということが起こってしまうので注意が必要です。

事前に予約サイトの注意事項のところをよく見ておきましょう。

 

また、口コミを見て外国人が多く泊まっている場所は英語を話せるスタッフがいることが多いのでおすすめです。

 

 

 

洗濯環境

1週間弱の旅行なら良いのですが、それ以上となるとどうしても洗濯をする必要があります。

 

私の場合は手洗いするので洗濯機は無くても良いのですが、ベランダや洗濯物を干す場所があると大変便利です。

手洗いして乾燥機なんてかけませんから、外で干せると早く乾いて嬉しい。

 

 

 

 

まとめ

このように値段だけでなく、色々なことを考慮して宿を選んでいます。

 

人によってこだわりポイントがあると思いますが、参考にしてみてください!^ ^