北京留学あれこれ日記

旅好き女子が中国に留学してみた話と帰国後のこと。

中国一美しい図書館「天津濱海図書館」が超フォトジェニック!

こんにちは、ハルカです。

 

 

2017年10月、天津市に「中国一美しい」と言われる濱海図書館がオープンしました!

綺麗!!

f:id:chunhua1223:20180504112530j:image

 

開館当初、公開された微博(weibo、中国版Twitter)の写真には8万イイネが付いたそう!

 

実際に行ってきました。

 

 

 

開館時間

10:00〜21:00

(月曜の午前中は閉館)

 

 

場所・行き方

f:id:chunhua1223:20180504113648j:image

「濱海図書館」と言うだけあって、天津市でも海に近い濱海新区に位置します。

☆の位置が天津駅。

 

 

f:id:chunhua1223:20180430162357j:image

地下鉄9号線の市民広場駅が最寄りです。始発の天津駅から9元、45分くらい。

 

最寄りと言っても、そこから2kmくらいあるので、駅からレンタル自転車やタクシーで行く人もいました。

 

 

f:id:chunhua1223:20180504113208j:image

この道をひたすら真っ直ぐ行って左に曲がります。

 

 

⚠︎ちなみに天津には「天津図書館」もありますが、これは別の場所なのでご注意を。

f:id:chunhua1223:20180504143150j:image

会館時間外だったので中には入っていませんが、こちらも綺麗なようですね。日本の建築会社が関わっています。

天津図書館|LIBRARY[図書館]|bp・best practice

 

 

 

さて、話がそれましたが濱海図書館に戻ります。

f:id:chunhua1223:20180430190306j:image

遠目で見るとこんな感じ。

 

 

ちなみに、この向かい側は絶賛開発中。次に行ったら違う景色が広がっているんでしょうね。

f:id:chunhua1223:20180430190413j:image

 

 

 

館内

入り口入ってすぐ。

f:id:chunhua1223:20180430190508j:image

ここは図書館というより、色々な施設が入っている建物で、その1室が図書館になっているという感じです。

 

f:id:chunhua1223:20180504104615j:image

広い!天井が高い!

 

 

f:id:chunhua1223:20180430190650j:image

広いスペースでは連休ということもあり、家族連れ向けのイベントや展示をしていました。

一階と地下一階は飲食店や雑貨屋などがあり、ショッピングモールのようになっていました。

 

 

更に奥に行った左手が、その図書館です。

 

 

長蛇の列!!

20mくらい列ができていましたが、意外とすぐ進みました。中国人だってちゃんと並ぶんですよ。

f:id:chunhua1223:20180430190822j:image

液体や食べ物は持ち込み禁止です。

 

 

f:id:chunhua1223:20180504104718j:image

図書館に入るには荷物検査があります。中国あるある。

 

入場料はかかりません。

一応図書館ですからね。

 

 

 

f:id:chunhua1223:20180501121759j:image

 

 

f:id:chunhua1223:20180504104920j:image

真ん中にある巨大な玉は「濱海の眼」と呼ばれています。

私が行った時はやっていませんでしたが、光るみたいです。

 

この図書館は、オランダの設計事務所と天津市が共同で作ったそうです。

総面積は33700㎡、最大120万冊の本を収蔵できます。

 

f:id:chunhua1223:20180501121813j:image

人の大きさで広さが伝わりますでしょうか?

 

f:id:chunhua1223:20180501121829j:image

所々に階段があります。一応上りと下りで左右に別れています。

 

 

 

f:id:chunhua1223:20180504105133j:image

ちゃんと自習室もあります。数人勉強している人もいましたが、休憩している観光客がほとんど。

 

図書館の方は、意外にも所々本を読んでいる人もいました。

 

 

 

連休中だったので、いつもより人が多かったと思います。(私もその一人)

f:id:chunhua1223:20180504105338j:image

 

でも広いので、思ったより大混雑とは感じませんでした。みんな写真を撮ってすぐ出て行くので回転も良かったのかな?

f:id:chunhua1223:20180504105436j:image

 

f:id:chunhua1223:20180504105457j:image

 

 

 

図書館としての機能は?

f:id:chunhua1223:20180504110417j:image

たしかに素敵なんですが…、壁の本はほとんどが絵です(笑)

それに、120万冊収蔵できると言っても、上の方の本棚なんて本を置いても届かないよね。

 

本を探すのも大変そう。正面にインフォメーションセンターがあり、係りの人がいましたが。

 

人が多く、本を読んだり勉強するには良い環境とは言えません。(連休だったので、普段はもっと静かだと思います)

オープンして1年も経っていないので、もう少し時間が経てば収まるかも?

 

↓プロモーションビデオ

m.youtube.com

 

 

 

まとめ

図書館としての機能はさておき、超フォトジェニックなスポットである事は間違いありません!

 

オープンから日が浅く、まだ日本ではあまり知られておらず、地球の歩き方などのガイドブックにも載っていません。

 

 

天津観光のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?^ ^

説明はこちら(簡体字中国語)

天津滨海新区文化中心图书馆_百度百科

 

 

↓今回は2回目の天津でした。初めて訪れたのは半年ほど前。

chinaryugaku.hatenablog.com