北京留学あれこれ日記

旅好き女子が中国に留学してみた話と帰国後のこと。

【中国旅行で便利なアプリ】これで中国個人旅行も怖いもの無し!

こんにちは、ハルカです。

 

 

冬休みに1ヶ月の中国旅行をした為か、最近は「旅行に詳しい人」と思われ(?)、色々と相談されることが増えてきました。

 

 

「個人での旅行って、どうやって手配するの?」

と聞かれることが多いので、私が使っている中国旅行で便利なアプリを紹介します。

 

 

 

 

総合旅行アプリ

航空券や列車、バスの予約からホテルの予約、ツアー申し込み、入場券の購入など旅行に関する様々な手配ができるアプリです。

日本の楽天トラベルのような感じ。

 

 

C-Trip(携程旅行)

f:id:chunhua1223:20180420094717j:image

これは必ず使います。

日本語版もあるので、中国語ができなくても大丈夫です。

 

一番よく使うのは、列車の予約とホテルの予約です。(後で詳しく紹介します)

 

 

去哪儿旅行

f:id:chunhua1223:20180420094727j:image

こちらは中国語のみです。

 

機能はC-Tripとほぼ同じですが、値段が違うことがあるので見比べて予約します。

 

⚠︎関連アプリで去哪儿汽车票というバスのチケットを予約するアプリもありますが、中国人の身分証番号が必要なので外国人は使えません。

 

 

 

 

最低限この2つのどちらかがあれば、どこへでも行けます!

以下では、それぞれの場面で便利なアプリを紹介します。

 

 

 

交通手段

 

Sky scanner(スカイスキャナー)

f:id:chunhua1223:20180420094856j:image

航空券の予約は、スカイスキャナーを使っています。

日付と出発地・目的地を入れると値段が出てきます。一番安くなる時期なども一目でわかるので便利です。

 

 

C-Trip(日本語版)

列車(高铁·火车)の予約には、先程旅行総合アプリとして紹介したC-Tripの日本語版がおすすめです。

 

予約したチケットは、駅の窓口で発券します。

 

予約番号を伝える必要がありますが、C-Tripの日本語版ならなんと、画面を見せるだけで大丈夫なので中国語ができなくても心配ありません!

f:id:chunhua1223:20180420211232p:image

↑チケット番号の画面とパスポートを見せるだけ!

親切だな〜

(スマホが壊れたり無くなったら大変なので、念のため紙にもメモしておきましょう)

 

 

中国語に問題がないのなら、中国語版C-Trip(携程旅行)や去哪儿旅行から予約でもほぼ同じです。

 

 

 

滴滴出行

f:id:chunhua1223:20180420094938j:image

タクシーを呼ぶアプリです。

日本より安いため、気軽に乗れます。

中国の携帯番号があり、アプリ支払いもできるならタクシーを呼ぶアプリを入れておくと便利です。

 

ただ、運転手と電話で連絡を取る場合が多いので中国語ができた方が良いです。

 

 

 

 

宿の予約

 

Booking.com

f:id:chunhua1223:20180420095104j:image

日本や他の多くの国でも便利なのがBooking.comです。色んなホテル予約サイトがありますが、私はまずはじめにBooking.comで宿探しをします。

 

立地、値段、設備など条件を入力して絞っていきます。評価も参考にしましょう。

 

Booking.comに載っていない宿もありますが、私はなるべくBooking.comで予約したいと思っています。

何故なら、5回以上Booking.comから予約するとgenius会員になり、割引があるからです。

 

私は1ヶ月の周遊旅行でかなりの回数利用したので、このサービスはとても嬉しいです。

 

Booking.comは基本的に現地払いです。

 

 

 

C-Trip・去哪儿旅行

f:id:chunhua1223:20180420095218j:image

旅行総合アプリで紹介したこの2つのアプリから予約することも。

Booking.comと違い、C-Tripと去哪儿旅行は前払いです。

 

 

中国のホテル(特に安宿)は、Booking.comに載っていない場所も多いです。

この2つは中国のアプリなので、Booking.comより多くの選択肢から選ぶことができます。

C-Tripの日本語版なら全て日本語です。

 

 

ホテル予約の際に気をつけないといけない点があります。

中国には外国人が泊まれないゲストハウスも多いので注意が必要です。

 

C-Tripなら「内宾」と書いてあれば「中国人のみ、外国人の宿泊は不可」という意味なので簡単に見分けられます。

「予約した宿に着いたけど外国人は泊まれなかった」という事を避けられます。

 


↓ほかにも意点を紹介しています。

chinaryugaku.hatenablog.com


 

 

 

去哪儿旅行は、他のアプリに比べて同じ宿でも安い場合が多いので比べてみてください。

 

 

他にも日本でもよく使われているAgodaなどもあります。

 

 

 

地図

中国ではGoogleネット規制の対象のため、Googleマップも使えません。

中国でも使えるアプリをダウンロードしましょう。

 

百度地图

f:id:chunhua1223:20180420095304j:image

中国での日常生活でも必須の地図アプリです。

中国語のみです。

 

使い方はGoogle マップとほぼ同じです。

 

ホテルを検索すれば、百度地图から予約することもできます。タクシーを呼ぶこともできます。

(中国でアプリ支払いができる場合)

 

 

maps.me

f:id:chunhua1223:20180420095342j:image

百度地图は中国語が難しそう、という方はmaps.meがおすすめです。

 

maps.meの特徴は、ある程度の範囲をダウンロードしておけば、オフラインでも地図が見られるというところ。

 

旅行中、Wi-Fi環境でのみスマホが使える方にはとても便利なアプリです。

 

こちらで詳しく説明されています↓

旅好き必携!最強オフライン地図アプリ「Maps.Me」の使い方まとめ | Backpackers Wire

 

 

 

 

食べる

 

大众点评

f:id:chunhua1223:20180420095618j:image

ぐるなびのようなアプリです。

 

旅行先に知り合いがいないときは、このアプリを使ってお店を探すこともあります。

 

歩きながらお店を探すのも楽しいですが、評価や値段が気になる、という方は見てみると良いですね。

地元の人に聞いてみるのも良いです。

 

 

 

 

まとめ

個人旅行で必須の交通手段・宿の予約・地図を中心にご紹介しました。

 

色々なアプリがあり、それぞれに特徴があります。掲載内容の違いや値段の違いがあるので、見比べながら使ってみてください。

 

中国のみで使われているアプリも使いこなせると、旅行の幅が広がると思います。

 

 

使いこなして、快適な中国旅行を楽しんでください^ ^

 

 

 

 

↓生活面でのアプリはこちら

chinaryugaku.hatenablog.com

chinaryugaku.hatenablog.com