北京留学あれこれ日記

旅好き女子が中国に留学してみた話と帰国後のこと。

ライブチケットを盗まれて、悔しさと悲しさでいっぱいです。

こんにちは、ハルカです。

f:id:chunhua1223:20180406003343p:image

 

4月29日に、天津である五月天(may day)という台湾のバンドのライブに行く…はずでした。

 

何ヶ月も前から楽しみにしていたのに、行けなくなるかもしれません…。

 

 

 

友達が代わりに買ってくれた

昨年12月頃、ネットでチケットを購入しようとしたところ、中国の身分証(国内版パスポートのようなもの)が必要でした。

つまり、外国人は購入できませんでした

 

そこで、同じライブに行くという中国人の友達に私のチケットも代わりに買ってもらいました

私の購入した席の値段は567元(約9600円)

後で友達に払いました。

 

 

 

届かない

チケットが届くはずが、届きません。

 

やっと届いたと思って友達が学校の荷物受け取り場所に行きましたが、見つからなかったそうです。

(大学の場合は寮に直接届くのではなく、学校でまとめられる受け取り所に自分で取りに行きます)

 

発送されたはずのチケットがどこにもない

快递(配達員)に盗まれたに違いない!!

 

 

 

問い合わせる

友達はまず、快递の会社に問い合わせたそう。

しかし、「どうすることもできない」と言われました。

「一部を賠償として支払うことはできる」らしいですが、私たちが求めているのはそんなことではありません。

 

 

次に、発券元の会社に問い合わせました。

しかしここでも、方法はないと言われてしまいます。

チケットが売れ残っていたら安いチケットを買って良い席にグレードアップしてくれるとのことでしたが、チケットは完売しています。

 

 

 

相談するも…

微信(wechat)のタイムラインで「方法を知っている人はいますか?」と呼びかけてみましたが、中国人の知り合いも皆んな「無理だ」と言っています。

 

 

 

怒りより悔しさと悲しさ

f:id:chunhua1223:20180406003311j:image

12月から楽しみにしていたライブです。

 

定期テスト後すぐの週末のため、これを楽しみに頑張ろう!と思っていました。

 

盗まれたと分かり、怒りよりも悔しさと悲しさが大きいです。

 

567元(約9600円)という値段も、月2000元弱で生活している私にとって安くはありませんが、お金はどうでもいいんです

 

 

この裏切られた気持ち。

 

 

 

f:id:chunhua1223:20180406003629j:image

五月天(may day)は中国語の勉強を始めた頃から聞いていて、中国・台湾のアーティストの中で一番好きです。

(日本でも活躍していて、知っている方もいるかもしれません)

 

日本公演も時々公演がありますが一度も行ったことがなく、留学中に中国でライブに行けるという特別な機会でした。

 

昨年夏、私が留学する直前に北京でライブがありました。留学中にライブはもう無いだろうと諦めていた時に北京からすぐ近くの天津で公演があることを知り、とても喜んだのを覚えています。

 

 

 

諦めず探します

まだライブまで日にちはあるので、諦めず探してみます。

 

見つかるといいな…。

 

 

 

 

 

 

追記:その後の話。

chinaryugaku.hatenablog.com