北京留学あれこれ日記

旅好き女子が中国に留学してみた話と帰国後のこと。

厦門(アモイ)のおすすめゲストハウス「厦门老街青年旅舍」

こんにちは、ハルカです。

 

冬休みの中国バックパッカー旅行、最初の都市は厦門(アモイ)でした。

 

厦門でたまたま泊まったゲストハウスが、とっっっっても良かった!!

ので、ご紹介します。

 

 

 

厦门老街青年旅舍

 

所在地

福建省厦門市思明区水仙路22-26号二楼

f:id:chunhua1223:20180329230614j:image

厦門の南西に位置しています。

中山路からすぐです。

 

 

 

宿泊料金

個室はなく、ドミトリーのみです。

35元〜49元(週末はプラス10元)

 

私は予約せずに直接行って、1泊45元、週末は55元でした。

アプリからだと安い事があるみたいです。

中国のゲストハウスの標準的な値段だと思います。

 

Booking.comなどには載っておらず、中国のサイトで見つけました。

私がよく使うのは携程旅行(C-Trip)というアプリです。日本語版もあります

 

 

 

外観

f:id:chunhua1223:20180329225905j:image

この看板は下の通路を歩いていると見えないので注意。

 

 

f:id:chunhua1223:20180329225938j:image

入り口はこんな感じ。ガラス扉です。

分かりにくいので、2回も通り過ぎてしまいました(笑)

隣はご飯屋さんだった気がします。

 

 

 

 

おすすめポイント

 

抜群の立地

厦門一の繁華街、中山路まで徒歩数十メートル!

f:id:chunhua1223:20180330000931j:image

 

中山路は、ショッピングや食べ歩きに最適。厦門に行くなら必ず訪れるところです。

 

中山路から路地に入ると、こんなところがありました。毎日行きました!↓

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

更に、徒歩5分とバス停からも近いので、観光の拠点に便利です。厦門大学などがある南部や、島外へもバス1本で行くことができます。

 

 

中山路以外にも、宿近くの路地にはローカルなお店がたくさん。食べる事には困りません!

 

 

 

親切な老板

老板(オーナー)がとっても優しくて親切です。

老板に会うためにまた厦門に行きたいくらい。

f:id:chunhua1223:20180330002642j:image

お父さんみたい〜 どうでもいいですが、「中国語喋るの!?」っていうくらい日本人顔です(笑)

チェックアウトのときは見送ってくれました。

他のスタッフもみんな丁寧でした。

 

スタッフは若い人が多く、英語が割と通じそう(頑張って聞いてくれそう)だったので、中国語ができなくても何とかなると思います。

 

 

 

北の人の発音っぽいなと思ったら、老板は昔8年くらい北京に住んでいたそう。

北京に留学していると言うと、色々教えてくれました。

 

 

厦門滞在中に台湾領の金門島へ行こうと思っていたのですが、完全にノープラン。老板に相談すると、知り合いの旅行会社の人に繋いでくれて、ツアーに参加できました。

自力で行こうと思っていましたが、ツアーも良い経験になって楽しかったので、紹介してもらえて良かったです。↓

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

 

最後の日に折り紙で鶴やキューブを作ってプレゼントしたら飾ってくれて、お礼にとカレンダーを貰いました。

f:id:chunhua1223:20180330100512j:image

まだ飾っていてくれたら、私のサインと日付を書いたものがあるかも?泊まる方は聞いてみてください(笑)

 

 

春節が近かったので、中国结という飾りももらいました。

f:id:chunhua1223:20180330100601j:image

 

 

 

宿泊客も楽しい

これは運によりますが、私が泊まった時は他の宿泊客も皆んな良い人で楽しかったです。

 

泊まっていた5日間ずっと、私以外全員中国人。(私と入れ違いで日本人男性が泊まっていたようです)

 

外国人がよく利用するホテル予約サイト(Booking.comなど)には載っていない!

外国人が少ないのも納得です。

中国語のサイトでは知る限りどれでも載っていました。

 

中国南方を中心に、みんな色々なところから来ていました。

私がよく話した中では、広州、珠海、長沙、成都、湖北省のどこか、福建省のどこか、台湾の人がいました。

 

冬休みだったので学生が多かったですが、休みを取って来たお姉ちゃんや旅館のおばちゃんまで。色んな人に出会いました。

f:id:chunhua1223:20180330010528j:image

旅館のおばちゃん、切り絵が上手!

 

広州に住んでいるお姉ちゃんには、広州に行った時再会!案内してもらって、ご飯をご馳走になりました。

 

 

ここで住み込みで働いている人や住んでいる人もいて、彼らと老板が宿泊客同士を繋いでくれたのですぐ仲良くなれました!

宿泊期間がけっこう被っていた人とは、今でもよく連絡を取っています。

 

 

私は、外国人・ちょっと中国語が話せる・ひとり旅の小娘、という点で珍しがられ、皆さんにたくさん構ってもらいました。

 

方言が強い人もいて、普通話(共通語)に訳してくれる人がいて助かった!言葉がこんなに違うなんて、中国の広さを実感

「あいつ(広東省の人)より、お前の普通話の方がだいぶマシだぞ。俺も聞き取れん」と言われました(笑)

 

 

f:id:chunhua1223:20180330003414j:image

お茶を飲みながら毎晩みんなでおしゃべりして、とっても楽しかったです!お酒飲む人がほぼいなくて、健全な集いでした(笑)

(お茶に凝ってる人がいました)

 

 

 

公共スペース

f:id:chunhua1223:20180329232616j:image

f:id:chunhua1223:20180330010818j:image

公共スペースが広くて充実していて、自然と人が集まっていていい感じ。

まだカリスマの飾りがあるけど(笑)

 

 

夜は毎日8時からスクリーンを出して、映画鑑賞会があります。

洋画の日が多かったですが、日本人の私がいたのでトトロを観た日も!一人だけ字幕なしで分かる(笑)

f:id:chunhua1223:20180329232905j:image

 

 

f:id:chunhua1223:20180330010725j:image

右の壁の厦門の地図がいい!

割とデザインに凝っています。

 

 

 

シャワー

シャワー室は古くて(建物自体が古そう)綺麗とは言えませんが、中国のゲストハウスにしては上出来。サンダルがあれば問題ないです。

トイレと別になっているシャワー室もある点もグッド👍

 

嬉しいことに、すぐ温水が出ます!これけっこう珍しいんです。中国で泊まったゲストハウスの中で、水を出してから温水になるまでの時間が最短でした。お湯出ないんじゃない?と思ってしまうほど遅い宿も多いです(笑)

 

シャンプーとボディーソープも置いてあって親切。ドライヤーもあります。

 

私は手洗いして利用しませんでしたが、洗濯機もありました。

 

 

 

女性専用ドミトリーあり

女性専用部屋があるので、知らない人と同じ部屋でも安心。

女性専用ドミトリーは男女混合ドミトリーより料金が高くなる宿が多い中、ここは女性専用部屋も値段が変わりません。嬉しい。

 

私は旅行中、なるべく女性専用ドミトリーを選ぶようにしていました。↓

chinaryugaku.hatenablog.com

 

部屋は特別良いということはありませんが、清潔できちんと掃除がしてあります

(先に泊まっていた人の荷物は散らかっていたけど)

 

 

6人部屋に泊まりました。

大きめ(スーツケースは無理、バックパックならいけそう)の個人ロッカーもありました。

 

 

ベットのシーツは自分でかけて、チェックアウトのときフロントへ返します。

 

 

 

部屋数が多い

f:id:chunhua1223:20180330003518j:image

5階まであったんだ!

 

部屋数がかなり多い方だと思います。

マックス50人近く泊まれると言っていた気がします(うろ覚え)。

10人くらいで団体の大学生もいました。

 

中国のゲストハウスは、マンションの1室を改装していたりするので泊まれる人数が少ない宿が多いんです。

 

 

部屋数が多いということは、シーズンオフであれば満室になることが少ない、つまり延泊や予約無しでの宿泊ができる可能性が高いということ!

 

私も予約せず飛び込みでしたが、女性専用ドミトリーに泊まれました。

1泊試しに泊まってみましたが良かったので、その後延泊に延泊を重ね、5泊もしました。常に満室の宿ではこれができません。

 

 

 

 

まとめ

ドミトリーは中国の標準的なゲストハウスでしたが、老板をはじめ、人がとても良かったです。

 

楽しすぎて、「厦門で良かった所は?」と聞かれたら「鼓浪屿と宿」と答えています。世界遺産と並んだ(笑)

 

毎日楽しくて、おしゃべりするために早めに宿へ帰っていました。

結局小さな街厦門に、8日間も滞在してしまいました。

 

 

交流を楽しみたい人にはとてもオススメです!

厦門へ行くバックパッカーのみなさん、ぜひ泊まってみてください! 

 

 

 

 

chinaryugaku.hatenablog.com

chinaryugaku.hatenablog.com

chinaryugaku.hatenablog.com