北京留学あれこれ日記

旅好き女子が中国に留学してみた話と帰国後のこと。

中国留学後半突入!理想の生活リズムを考えてみた

こんにちは、ハルカです。

 

北京留学も後半に突入。

 

残りの留学生活を充実して過ごすために、理想の生活リズムについて考えてみました。

 

 

 

6:30 起床

平日は基本的に毎日8時から授業があります。

教室まで徒歩5分ですが、余裕を持って準備するために早めに起きます。

遅くとも7時までには起きたい!

前期は7時55分に起きて授業に行ったことも…(一応無遅刻無欠席でしたよ!)。

 

先学期の後半はギリギリで、すっぴん眼鏡になっていました(でも無遅刻無欠席でした!)。

早起きして化粧するぞ!

韓国人の友達と、どちらが先に化粧を諦めるか賭けています(笑)

 

 

 

7:15 食堂で朝ごはん

f:id:chunhua1223:20180307224437j:image

ギリギリだとテイクアウトして教室で食べたりしますが、少しとはいえ食堂で食べた方がトレイを使うのでゴミが出ません。

 

食堂は7時からやっていますが、遅く行くと売り切れのものもあるので、朝ごはんも早起きのモチベーションになります。

 

 

 

7:30 教室到着

授業は8時からですが、早めに教室へ。

一番乗りの誰もいない教室が、なんとなく好きです。時間ギリギリだとエレベーターが混雑さしますが、早めに行けばその心配もありません。

 

簡単にその日の内容を確認したり、先学期は毎日小テストがあったのでその勉強をしたりしていました。

 

 

 

8:00 授業開始

途中で5分と15分の休憩があるので、お菓子やフルーツを持っていくことも。

 

 

 

11:25 授業終了

ごはん!!

 f:id:chunhua1223:20180307224552j:image

 最近ハマっているのは、臓物。これは羊のゾーモツが入ったラーメンです🐑。

 

食堂で食べたり、時々外へ食べに行ったりもします。食堂の2階や3階にある、韓国料理などのレストランへ行くこともあります。

 

 

 

12:15 休憩

ごはんの後友達と少しおしゃべりして解散。

とりあえず寮に戻ります。

 

洗濯物があれば洗濯をしたり、のんびり過ごしたり。日用品の買い出しが必要であればスーパーへ行ったりします。

 

 

 

14:00 自習室へ

人の目がないところでは勉強できないタイプの人間です。いわゆる怠け者。

部屋にいては勉強が手につかないので、自習室へ行きます。

 

テスト期間でなくてもたくさんの中国人学生や留学生が勉強していて、自分も頑張ろうと思えます。

日本の大学にはない光景です…。

 

疲れたら散歩に行ったり、外に出て友達とおしゃべりしたり休憩を挟みつつ。

 

 

 

18:00 夕食

お腹が空いたら夕食へ。平日の夜はほとんど食堂で食べます。

 

f:id:chunhua1223:20180307224832j:image 

一人で勉強していたら一人で、友達となら一緒に夜ご飯へ行きます。

写真はよく食べに行く担々麺!一人の時しか行ったことがないので、絶対店のおばちゃんに「友達いない子」って思われてる(笑)

 

 

 

18:30 再び自習室へ

寮に戻ると絶対勉強しないので、自習室をフル活用。あって良かった!遅くまで学生がいます。

夜10時まで開いています。

 

(声に出して勉強したいときは仕方なく部屋に戻るか、寮の1階にあるフリースペースで読みます。)

 

 

 

20:30 寮へ戻る

基本的に部屋では一切勉強しません。

シャワーを浴びて、洗濯物があれば畳んで、あとはゆっくり過ごします。

アイドルの動画を観たり、家族とwechatしたり。(←日本との時差が1時間だけというのも中国留学のいいところ)

 

 

 

23:30 就寝

朝6時半に起きるのが目標なので、6時間睡眠。

1.5時間の倍数で起きると目覚めが良いと聞いたことがあるので23:30に寝ます。

(なんだかんだ日付超えそうになる)

 

ルームメイトとの暗黙の決まりで、遅くとも24時までには消灯。

 

 

 

 

できれば…

あれ、寮・食堂・教室・自習室の徒歩5分圏内で生活している…?

(小さい大学なので。大きい大学だと嫌でも歩くと思います。)

 

油っぽい料理ばかり食べているのに運動不足なので、もう少し暖かくなったらランニングでもしようかなと思います(と言いながらやらないかも)。

 

 

 

習慣化が大事!

だと思うので、早く習慣づけられるように続けます。

 

特に早寝早起き朝ごはん!

頑張ります!💪